河北Standard宮城2017-3・4月号(No.17)

河北Standard宮城2017-3・4月号(No.17)

好評発売中
!
宮城県のスポーツ事情を紹介する河北スポーツマガジン「河北Standard宮城」の第17号は丸森仲吾氏(元七十七銀行頭取・会長)と三井精一氏(仙台銀行相談役)による球春ビッグ対談を掲載。また五輪連覇に向け、男子フィギュアスケートの羽生結弦選手を「足元」から支えるスケート靴研磨師の吉田年伸さん、ベガルタ仙台の歴史を振り返る連載(第2回)を掲載しています。 他にも、選抜高校野球大会出場の仙台育英学園高、宮城県高校ハンドボール35チームの紹介、「南東北インターハイ応援宣言」の剣道、なぎなた、フェンシングなど情報が盛りだくさんです。詳しくはこちら 奇数月の1日に発行、次号は5月1日発売です。 ※この商品は宮城県内のコンビニエンスストアでも取り扱います。在庫限り。 価格[本体741円+税] A4判/108ページ/オールカラー/2017年3月/雑誌 86703-03

数量:

バックナンバー

【フォトサービスのご案内】Standard宮城に掲載された写真を、選手本人およびご家族に限り有料にてお譲りします。詳しくは出版センターへお問い合わせください。電話022−214−3811 河北スポーツマガジンStandardフォトサービス

この本の感想をおまちしております

感想は弊社スタッフが内容を確認後に公開されます

*