本の感想一覧

  • 河北選書 片平の散歩道 金研百年の歩みとともに
    しききよこさんの感想 2016年11月8日

    片平の散歩道、活用させていただいております。
    今年6月に手術、その後仕事を辞めて在宅生活。
    体調はいいので散歩して体力回復、と思っていた時にこの本に出会いました。
    歩いてみると、仙台生まれの自分ですが、こんな小道知らなかったと新鮮な気持ちに。
    一番のお気に入りは、縛り地蔵さんから川沿いコースです。評定河原から階段登って金研へコースも達成感あり。
    無職は活躍できない国民だけど、歩いていたら心が元気になってきました。

  • 読めば読むほど親近感が湧いていきました。知らず知らずのうちに耳にしている・口にしている東北弁を再認識させられ、改めて「東北弁っていいな」と思いました。「んだがら」お気に入りです笑

  • シェイクスピアと聞くと難しそうなイメージでしたが、この本を読み親しみを持てるようになりました。
    自分が生まれ育った東北という地の方言を使っていたことで読みやすく、とても面白かったです。下館先生が行われている公演を観たくなりました。

  • とにかく面白かったです。一気に読み込んでしまいました。
    筆者の情熱がとても伝わる文章で入り込んでしまいます。
    東北弁でシェイクスピアをという、発想に脱帽しました。
    第1巻という事で続編が待ち遠しいです。

  • 東北大学で下館先生の芸術論の授業を受けていたものです。先生の授業はとても印象的だったので、『東北のジュリエット』を書店で見つけたときは嬉しかったです。読んでいる間は、好きだった先生の授業をもう一度受けているようでした。専門家でない方にもおすすめです。

  • 今年の6月末に石巻から気仙沼まで旅をしました。途中立ち寄った女川の「復興まちづくり情報交流館」でこの本を見つけました。キャリアカウンセラーの仕事をしておりその観点でとても良い本だと思いました。私のブログにも本の紹介をさせていただきました。
    http://manniee.blog.fc2.com/blog-entry-56.html

  • 癒やしの微笑み 東北こけしの話
    竹中英俊さんの感想 2015年8月21日

    高橋五郎『癒やしの微笑み 東北こけしの話』は久々の本格的なこけし本だと、鳴子のこけし工人、高亀の高橋武俊から聞きました。オールカラーで1600円は、確かにお買い得ですね。私も買うことにしました。

  • 八木山物語
    斎藤 清さんの感想 2015年7月19日

    八木山と八木家にまつわる10のエピソードがまとめられています。八木山に地下鉄が通るなんて歴代八木久兵衛さんもびっくりしているでしょうね。この機会に八木山をキーワードに仙台の歴史を見直してみてはいかがでしょうか。おすすめの一冊です。

  • ようこそ星めぐり せんだい天文台だより
    鈴木ヘンドリックス@横浜さんの感想 2015年4月24日

    天文台が西公園にあった30年前、小学生の私にやさしく声をかけていただいたのが高橋博子さんでした。以来、毎月天文台に通うようになり、星好きになりました。
    仙台から離れて久しく、この本に出会い、懐かしくなり購入しました。

    西公園時代の想い出、今の天文台の日常が垣間見れたり・・・
    心温まるエピソード満載のあたたかい気持ちになれる1冊です。
    そして大好きだった博子さんのプラネタリウムが瞼の奥に広がります。